ケリーがエルメスの中でも高い買取になるわけは

古くから愛されてきたサック・ア・クロア

エルメスのバッグの中でも、象徴的存在がバーキンと並ぶケリーです。

ハリウッドの女優であったグレース・ケリーが成功したのち、モナコ公国の国王と結婚し王妃となりました。

妊娠したときに、パパラッチからおなかを守るために使ったのが、サック・ア・クロアだったのですが、ケリーバッグと呼ばれるようになったのです。

そのため、もともとケリーという名前で販売されていたものではなく、改名された珍しいバッグであるといえるでしょう。

 

つまり、このケリーは、バーキンのように誰かのためにデザインされたものではありません。

使いやすいバッグだったからこそ、グレース・ケリーは持っていたはずですし、それだけの価値があったことを証明した出来事であったともいえるでしょう。

 

ケリーとバーキン どちらがいいのか

ケリーとバーキンといえば、エルメスバッグの中でも双璧です。

好みの問題もあり、どちらが使いやすいのかは、いつでも議論の的になります。

 

一生使うなら、バーキンがいいという人が多いのは、どこに行くのも困らないサイズがあり、オールマイティであるということがあるでしょう。

しかし、オールマイティゆえに重さが気になるという人も少なくありません。

持っていて便利であるというのがケリーだったりもするのです。

スリムでありながらも、使い勝手のいいケリー28などは、バーキンにはない特性であるといってもいいでしょう。

 

高い価値を維持するために

人気が高いがゆえに、買取金額も高いのがケリーの特徴です。

バーキンより、少しだけ安いといったイメージのあるケリーですが、サイズが小さくても素材によっては100万円は超えます。

もちろん、300万円台のものもたくさん存在します。

価値としては驚くほど高く、簡単に購入することはできないでしょう。

 

バーキン同様に、一つ一つが職人によって手作りで作られており、希少価値が非常に高いのも同様です。

そのため、買取に関してどこも欲しいと思っているのが実情だといえるでしょう。

中古市場にも数が少なく、できるだけ手に入れたいからこそ、買取価格も下がらず維持しているといえるのです。

 

それだけ大事なケリーですので、購入したらしっかりと管理をしておくことが大切でしょう。

風通しのいい場所で保管することも重要ですし、防水も考えておくと、革の傷みを抑えることができます。

日々のお手入れをしておけば、いつまでたっても、高い価値のあるバッグとして使っていくことができるでしょう。

 

エルメスの買取ならセレブブランドにお任せ

バッグの買取が高いレベルなのはエルメスだからこそ

さまざまなものを販売しているエルメス

エルメスといえば、買取も高額で取引されるブランドであるといイメージを持っている人も多いでしょう。

バッグだけではなく、財布やアクセサリー、指輪やネクタイ、ベルトに時計に香水とさまざまな商品が販売されていますが、どれも高額です。

非常に多くの商品を販売していますが、どの商品も素晴らしい品質を持っているからこそ、高額買取もされているといっていいでしょう。

 

エルメスは、馬具の生産メーカーからスタートしています。

それが、馬車などは将来的に衰退し、自動車の社会になると考えました。

結果、馬具メーカーからバッグを作り始めるのです。

今でもエルメスといえばバッグを連想するのは、こうした歴史を持っているからといっていいでしょう。

なんでも作って販売してはいますが、根底に流れているのは、馬具メーカーからつながるバッグであることは確かなのです。

 

最高レベルの品質があるから

エルメスが開業した時期の顧客を見てみると、ナポレオンやロシア皇帝の名前を見つけることもできます。

フランスのメーカーですので、ナポレオンは理解できても、他国の皇族からもオーダーを依頼されてきたのは、それだけの価値があったからといえるでしょう。

多角経営に変化していくのは、初代から数え3代目にあたる初代ティエル・エルメスの孫であるエミール・モーリス・エルメスのころからです。

馬具メーカーとしての知識と経験をいかし、オータクロアをデビューさせます。

さらに、時計を発表し、さまざまな分野へと進出していくのです。

 

ここには、明確な企業戦略が存在し、将来を見据えて企業買収をしていきます。

今で言うところのM&Aであり、次々と吸収しますが、職人の技術の維持は決して欠かさなかったのです。

このあたりが、今の吸収合併と大きく違うところでしょう。

その結果、今でもバッグは世界でも最高レベルの品質を維持しており、高額で取引されるものとして知られているのです。

 

財産になってくれるエルメスのバッグ

エルメスのバッグは、買取に出したとしても、そこまで価値が下がりません。

これは、刻印が消えていたりしても同様で、少々のことでは価値を下げる要因として考えられていないのです。

それだけ高い品質があるからであり、使用感などには負けない作りになっていると言い換えてもいいでしょう。

 

エルメスのバッグは、ある意味で財産です。

購入する時に考えてしまうこともありますが、それだけ高額買取もされることを考えたら、重要なバッグになってくれることは間違いないでしょう。

 

エルメスの買取ならセレブブランドにお任せ

5 買取価格が急落しにくいエルメスの時計が持つ価値

愛好者も多いエルメスの時計

世界には、さまざまな時計がありますが、その中でもエルメスの時計は注目を集めてきました。

アパレルのイメージの強いエルメスですが、トータルコーディネイトができるほど、さまざまな商品を販売しています。

それも、少しだけ販売しているというわけではなく、かなり充実しているといっていいでしょう。

その中でも、時計は愛好者も多くなっているのは、幅の広い価格帯の設定があります。

普通に毎日使うことができるような値段のものから、数百万円という資産と考えることができるものまでさまざまなのです。

その人の好みによって選択できるということは、やはり人気になる理由といえるでしょう。

 

定番のクリッパーとHウォッチ

エルメスの時計の代名詞といえば、日本ではクリッパーやHウォッチでしょう。

定番ともいえる商品で、身につけている人も多く見かけます。

 

クリッパーは、快速船の名前をつけられました。

19世紀の大型帆船で、世界中の海を縦横無尽に走っていたのです。

船窓をモチーフとして作られており、シンプルながらもしっかりと作られています。

それだけに一番人気になっているともいえるでしょう。

 

丸型のクリッパーの正反対の位置にあるのが、Hウォッチです。

Hをモチーフに作られているため、直線を基本としてデザインされています。

かなりカジュアルなデザインになっていることから、使う人を選ぶ時計であるともいえるでしょう。

ただし、性別を意識することなく使えるため、男性にも人気のデザインになっています。

 

エルメスの時計の価値を表すアルソー

クリッパーやHウォッチは高い人気を誇っていますが、買取価格がなぜここまで維持できているのかということを考えたとき、アルソーの存在を忘れてはいけません。

 

エルメスが初めて時計を販売したときに発表されたアルソーは、今でも高い人気のモデルになっています。

エルメスの数ある商品の中でも、記念すべきものであり、乗馬に使う鐙をモチーフにして作られているところが特徴です。

ベルトの革も作りコマ出ており、腕時計愛好家であっても満足できるほど、高いレベルに仕上がっているのです。

買取価格も非常に高いのは、指針にサファイアを使っているということもあるでしょう。

さりげない高級感を醸し出すということでは、これこそエルメスであるといえるのです。

 

エルメスの時計は、値段以上に価値を持ち続けていきます。

一生のものとして購入するのもいいですし、いつか買い換えるときが来た時に、買取価格を考えて購入することもできるのです。

 

エルメスの買取ならセレブブランドにお任せ

エルメスがなぜ東京でも買取が盛況なのか

手にしてみたいと思わせる魅力を持つエルメス

女性であれば、エルメスのバッグを持ってみたいと思うことでしょう。

それだけ価値があり、引き付ける魅力があることは間違いありません。

資産としても、十分に価値があるため、購入するだけの理由は存在します。

そう思っていても、簡単に購入できない金額だからこそ、あこがれることも間違いありません。

 

手作りゆえの希少性

実際に、東京でエルメスの買取は盛んに行われています。

それだけの需要があるからということが背景にはあるでしょう。

今話題に、中国人による爆買いということもありますが、もともとエルメスの価格帯が高いことから、中古市場としても人気があるのです。

 

エルメスは、一つ一つが職人の手による手作りであるということも、買取市場で高評になる要因でしょう。

分業制ではなく、一つの商品を一人の職人が丹精込めて作ります。

それだけ、高い技術力があるからこそ、優れた品質を生み出し続けているのです。

どうしても高額になってしまうことになるのも、こうした事情が隠れています。

 

さらに、希少性の高さということも、エルメスの買取り価格を引き上げている要因です。

職人が完成まで手作りで進めるため、量産ができるとはいえません。

高い品質を確保するためにも、時間をかけて作っていくことになります。

そのため、欲しいと思ったからといって、すぐに手に入るとは限らないのがエルメスの商品なのです。

こうした希少性の高さがあるからこそ、中古市場でも高い人気があるといえるでしょう。

 

高い耐久性があるからこそ

東京で買取人気が高いというのは、他にも耐久性の問題があります。

古くなってしまったエルメスのバッグでも、管理さえしてあれば、耐久性に問題がないことも珍しくありません。

ある程度傷などがあったとしても、それが価値を大きく損なる要因になることもあまりないのです。

素材が丈夫であり、傷程度では機能を損なうことはないということは、これだけ大きな価値を生みます。

 

さらに、修理を受け付けてくれるということもあるでしょう。

自分で何か直したりしてしまうと受け付けてもらえないことも出てきますが、職人の番号まで刻印で残すエルメスの場合、メンテナンスも含め依頼することができるのです、

ただし、同じ職人がおこなうため、時間はかなりかかってしまいます。

それでも、元のように直すことができるようになるため、中古品であろうともあまり買取価値が下がったりすることはないのです。

 

エルメスの買取ならセレブブランドにお任せ

エルメスが高価買取されるわけはどこに

素材だけではないエルメスの持つ価値

ブランド品の中でも、高価買取の代名詞といえば、エルメスの名前を上げる人が多いでしょう。

それだけ、高い品質と価値が知られているからです。

ですが、なぜそこまで高いのかといえば、素材がいいからとしか答えることができない人が大半でしょう。

エルメスが高価買取であるのは、何も素材がいいだけではないのです。

 

職人の技が光るからこそ価値がある

エルメスは、すべてハンドメイドで作られています。

高級ブランドといっても、工場で大量生産されているものも少なくありません。

精度を上げて、商品ごとに違いを少なくするのであれば、工場で機械を使うことが間違っているわけではないでしょう。

品質を一定以上にすることができるのは間違いありません。

しかし、エルメスは、職人が一つの商品を担当し、完成するまでおこなっていきます。

すべて手作業で作っており、その精度がエルメスの基準に達していなければ、日の目をあたることすらないのです。

それだけ、厳しい状況の中で作っているため、どうしても人件費がかさみます。

品質もそこまでのものがあるからこそ、中古となっても価値が下がらないのです。

 

もちろん、革の品質も違いがあります。

ただ、単価が高いだけではありません。

エルメスには、世界中の皮を仕入れ管理する部門が存在します。

その中から、製品に適したものを選ぶようになっているため、かなり厳しい審査の元で厳選された素材を使うようになっているのです。

 

これだけの自信があるからこそ、アフターフォローも徹底しています。

職人の刻印が押してあるため、制作した本人に戻すことができ、徹底して修理することができるのです。

その代り時間はかかりますが、糸の1本まで徹底して修理をしてくれます。

 

ここまで修理するのも、実は圧倒的な耐久性を持っているからなのです。

一度購入してもらえば、オーバークオリティであるかのごとく、長く使うことができます。

親子で代々使うといったこともできるほど、しっかりしたものになっているからこそ、価値が高いといえるでしょう。

 

資産としても考えることができる価値

エルメスの資産価値は、とびぬけるほど高いものがあります。

他のブランドでは、なかなかこうはいきません。

特にバッグという消耗品に近い商品群の中では、驚くべき能力を持っていることも間違いないのです。

 

もしも、エルメスを購入したいと思ったときには、将来のことも含めて考えるといいでしょう。

仮に飽きてしまって新しいものが欲しくなっても、十分価値が残るからです。

 

エルメスの買取ならセレブブランドにお任せ

エルメスの買取相場はなぜ高い

崩れることのない買取相場

世界のセレブを魅了するエルメスは、芸術品ともいえるほど、素晴らしい出来の商品が多数あります。

細かな部分にまでこだわりがあり、エルメス以外ではありえないクォリティを持っているといってもいいでしょう。

だからこそ、値段的にも安いものではありません。

一般のブランドに比べれば、驚くほど高価になってしまうこともあります。

しかし、それだけの価値があるからこそ、買取相場も崩れることなく維持しているのです。

 

一人の職人が誇りと自信をかけて

買取相場が崩れにくいエルメスですが、ただ高いから人気があり、崩れにくいわけではありません。

オータクロアは、エルメスが発表してから100年以上がたっていますが、ただ高いだけであれば、すでに衰退して消えていたことでしょう。

確かなクォリティに支えられてきたからこそ、今でも第一線で販売されているといっていいでしょう。

 

エルメスのバッグの制作方法は、独自の方法で他のメーカーが真似することができません。

他のメーカーだって一流ですが、真似できない理由があるのです。

それが、職人一人が、すべての工程を担うということでしょう。

担当制で制作しているのではなく、製品ごとに一人の職人が作り上げていくのです。

一般的に考えれば、職人ごとの技量の差が生まれてしまうため、メーカーとしてクォリティを維持するのであれば、工程ごとに管理する方が有利になります。

エルメスの場合には、寸分の狂いもなく生産できるような職人しかいません。

ひと針ずつ地道に手作業で作っていくからこそ、美しいバッグが出来上がります。

この品質を証明するために、製造刻印と製造年と共に、職人のナンバーが刻まれるのです。

つまり、エルメスの名前だけではなく、ひとりの職人としての誇りと自信をかけてナンバーを入れて出しているのですから、半端な商品ではありません。

メンテナンスに出した場合にも、この職人のナンバーで作った職人の元に届くため、本当に長く使っていくこともできるのです。

 

一生使っていける逸品として

多くの手間をかけ、本当に素晴らしいものを作るからこそ、価格も安くは上がりません。

一生のメンテナンスが付いてくるということも考えれば、買取相場が高いことも想像が付くことでしょう。

 

一度使ってみれば、その出来栄えにため息さえ出てしまいます。

親子で代々使うこともできたりするのですから、資産としても大きな価値があるのです。

ここまで、買取相場を維持することができるブランドもありませんので、一生モノとして購入することを考えてみてもいいでしょう。

 

エルメスの買取ならセレブブランドにお任せ

買取も素晴らしいエルメスの中でも最高級のバーキンの存在

高い人気のエルメス

フランスが誇る高級ブランドといえば、エルメスであることは間違いないでしょう。

日本でも大きな人気があり、売り上げも相当なものがあります。

 

そのエルメスの中でも、やはり人気が高いのはバーキンです。

値段も素晴らしい金額が付きますが、それだけの価値があることが大きな理由といえます。

なかなか購入することはできませんが、資産としても価値が出てしまうほど、優秀な商品であることも、人気を後押ししていることは間違いありません。

 

エルメスの中でも歴史の浅いバーキン

エルメスの代名詞的なバーキンは、当初から販売されていたものではありません。

もともと馬具の販売をおこなっていたエルメスは、自動車文化の発展が進めば、必然的に馬車文明の衰退が訪れると考えていました。

そこで、鞍を入れるためのバッグを作りだします。

これが、今でもあるオータクロアなのです。

現在では鞍を入れることもなくなり、旅行バッグとして使われるようになっていきますが、女性用のバッグに目をつけ展開したことで成功をおさめます。

品のある美しさは、このころからエルメスの代名詞のようなもので、オート黒アも金具と革をうまく組み合わせて魅力あるものに仕上げられたことも大きかったでしょう。

このオータクロアが原型となり、モナコ公国のグレース王妃にちなんでつけられることになるのが、ケリーなのです。

 

ケリーが登場したのは、1935年のことでしたが、バーキンは1984年に登場することになります。

実はそこまで歴史の長い商品ではありません。

女優のジェーン・バーキンは整理整頓が苦手で、いつも大量の荷物をバッグに詰め込んで飛行機に乗っていました。

たまたま隣の席でその様子を見た当時のデュマ社長が、そんなにお困りならすべての荷物を入れられるバッグを作りましょうと始まったのが、バーキンのスタートだったのです。

エルメスという会社の顧客の希望を叶えるというイメージは、こういったところにも見え隠れしているといえるでしょう。

 

将来のためにも手入れを

バーキンは、非常に高価で、素材によっても300万円にもなることがあります。

それだけに、買取に関してもかなり高額になることが一般的です。

大切に使っていれば、買い換えようと思ったときに買取に出すというのも一つの選択肢となるでしょう。

 

たまに全体をクリーニングしたりするのも大切ですが、ソフトガミ一つあれば、汚れはだいぶ落とすこともできます。

レザーグローブを使ってつやを出すこともできますので、将来のためにもお手入れをしていくといいでしょう。

 

エルメスの買取ならセレブブランドにお任せ