買取も素晴らしいエルメスの中でも最高級のバーキンの存在

高い人気のエルメス

フランスが誇る高級ブランドといえば、エルメスであることは間違いないでしょう。

日本でも大きな人気があり、売り上げも相当なものがあります。

 

そのエルメスの中でも、やはり人気が高いのはバーキンです。

値段も素晴らしい金額が付きますが、それだけの価値があることが大きな理由といえます。

なかなか購入することはできませんが、資産としても価値が出てしまうほど、優秀な商品であることも、人気を後押ししていることは間違いありません。

 

エルメスの中でも歴史の浅いバーキン

エルメスの代名詞的なバーキンは、当初から販売されていたものではありません。

もともと馬具の販売をおこなっていたエルメスは、自動車文化の発展が進めば、必然的に馬車文明の衰退が訪れると考えていました。

そこで、鞍を入れるためのバッグを作りだします。

これが、今でもあるオータクロアなのです。

現在では鞍を入れることもなくなり、旅行バッグとして使われるようになっていきますが、女性用のバッグに目をつけ展開したことで成功をおさめます。

品のある美しさは、このころからエルメスの代名詞のようなもので、オート黒アも金具と革をうまく組み合わせて魅力あるものに仕上げられたことも大きかったでしょう。

このオータクロアが原型となり、モナコ公国のグレース王妃にちなんでつけられることになるのが、ケリーなのです。

 

ケリーが登場したのは、1935年のことでしたが、バーキンは1984年に登場することになります。

実はそこまで歴史の長い商品ではありません。

女優のジェーン・バーキンは整理整頓が苦手で、いつも大量の荷物をバッグに詰め込んで飛行機に乗っていました。

たまたま隣の席でその様子を見た当時のデュマ社長が、そんなにお困りならすべての荷物を入れられるバッグを作りましょうと始まったのが、バーキンのスタートだったのです。

エルメスという会社の顧客の希望を叶えるというイメージは、こういったところにも見え隠れしているといえるでしょう。

 

将来のためにも手入れを

バーキンは、非常に高価で、素材によっても300万円にもなることがあります。

それだけに、買取に関してもかなり高額になることが一般的です。

大切に使っていれば、買い換えようと思ったときに買取に出すというのも一つの選択肢となるでしょう。

 

たまに全体をクリーニングしたりするのも大切ですが、ソフトガミ一つあれば、汚れはだいぶ落とすこともできます。

レザーグローブを使ってつやを出すこともできますので、将来のためにもお手入れをしていくといいでしょう。

 

エルメスの買取ならセレブブランドにお任せ

hankoya

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です